読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

牡蠣食えば

牡蠣を食べたら書きます

築地 岩牡蠣 生2

生牡蠣 岩牡蠣

人間暑すぎて頭がおかしくなると昼間から築地に牡蠣を食べに行くことがわかります。


f:id:shoheiH:20160805143723j:plain
鼻からカメラが生えている人。


ターレットトラックとは市場関係者が乗る小型の運搬用車両です。荷台に魚の入った発泡スチロールなどを積み場内を走り回っています。

ところで築地ではこのターレットトラックが市場内だけでなく、場外の公道を走っている様子がよく見られますが、彼らはナンバープレートをつけておらず道交法的には■■■
さらには流しのターレットを拾ってタクシー代わりにするおばさんまでいました。まさに自由競争市場。

f:id:shoheiH:20160805144052j:plain
※写真はイメージです


さて牡蠣を見なさい。


f:id:shoheiH:20160805191522j:plain



f:id:shoheiH:20160805191547j:plain



この牡蠣は富山県産です。
f:id:shoheiH:20160805150409j:plain


前回は1個で注文しましたが、本日は最小ロット(1人前)が2個〜となっていました。これが旬でしょうか。



f:id:shoheiH:20160805191601j:plain
肉厚、濃味、クリーミー、歯ごたえ。
シンプルにうまい味がしてうまい。



これはめしです
f:id:shoheiH:20160805151158j:plain


店内の様子
f:id:shoheiH:20160805151210j:plain


2016年の牡蠣 計
生 12コ
焼 1コ

浦和 岩牡蠣 生1

生牡蠣 岩牡蠣

夏は岩牡蠣。ボリュームがあればなおよし。小さくても味が濃くてよい。また、レモンなどさっぱりと味わうのもよい。ビールと共に味わうのも美味い。


f:id:shoheiH:20160714232242j:plain

f:id:shoheiH:20160714232310j:plain

f:id:shoheiH:20160714232322j:plain

体積です。

2016年の牡蠣 計
生 9コ
焼 1コ

築地 岩牡蠣 生1

生牡蠣 岩牡蠣

こんにちは。夜に牡蠣を食べないのなら昼に食べればいいのでは。

昼に牡蠣を出しているところなんてあるのでしょうか。

f:id:shoheiH:20160630123858j:plain

ありました。

ここは築地場外のとある食堂。
ですが店に入るなり、
「飲む? 食事?」
と聞かれる。
カウンターの上にはラミネートされた定食メニュー。その中からミックス天ぷら定食を頼む。


店内を見回すとメニューの書かれた短冊が壁にずらりと並んでいる。
その中に岩カキの3文字を発見。
発見され、注文されます。

定食が出てくるまでの間に岩牡蠣を食べましょう。


岩牡蠣の体積を感じなさい。

f:id:shoheiH:20160630124423j:plain
正面

f:id:shoheiH:20160630124525j:plain

f:id:shoheiH:20160630124534j:plain


これは富山の新湊産、650円

肉厚でトロトロ、まんでうまい。
付け合わせがレモンだけというのがまたいい。

いままで生牡蠣を何百個と食べてきて、トマトやらオリーブオイルやらリンゴ酢やらカルバドスやら色々なソース、付け合わせ類が出てきたが、結局一番美味しいのは海水と同じ濃度の食塩水とレモンという結論です。

ちなみにミックス天ぷらの中身は穴子、エビ、白身魚、白身魚、白身魚、サツマイモ、サツマイモでした。
ところで生牡蠣はご飯のおかずになるのかという問いが生まれました。答え各自でどうぞ。


2016年の牡蠣 計
生 8コ
焼 1コ

新橋 真牡蠣 生1 岩牡蠣 生1

岩牡蠣 真牡蠣 生牡蠣

牡蠣の旬はRのつく月だと言われておりますがそれは真牡蠣で岩牡蠣はむしろ夏です。
いまはjune。
生牡蠣を出す店も季節的に減少しており、運良く見つけた時には食べていきたいところ。いきましょう。オイスターバーに行けば通年食べられるんですが、飲み会の開催場所になかなかオイスターバーがセレクトされない。


f:id:shoheiH:20160626145446j:plain
これは真牡蠣。
北海道仙鳳趾産。クリーミー具合がヤバくて美味。


f:id:shoheiH:20160626150527j:plain
岩牡蠣
岩牡蠣にしては小ぶりか。牡蠣にはクリーミーな中心部と、コリコリした身っぽい歯ごたえのひものような周辺部があるが、この岩牡蠣は周辺部の割合が高い。美味。
しかしこのサイズで1つ980円は高い。


ちなみに牡蠣は岩にずっとへばり付いていて動かないので筋肉が必要なく、体のほとんどが内臓らしいです。


2016年の牡蠣 計
生 7コ
焼 1コ

新宿 真牡蠣 生1

生牡蠣 真牡蠣

新宿の思い出横丁にて、カウンターに牡蠣殻が山と積まれたモツ焼き屋を発見。
「牡蠣ありますか?」
と聞くと
「ウチは焼き牡蠣だよ」
というので入店。

f:id:shoheiH:20160408193940j:plain

出てきたのが、どう見ても生。

ほんのり温かい牡蠣。

体調面に不安がよぎる夜だった。

2016年の牡蠣 計
生 5コ
焼 1コ

品川 真牡蠣 生1

生牡蠣 真牡蠣

f:id:shoheiH:20160324132400j:plain

生牡蠣になんかよくわからないトマトっぽいソースがかかったのを食べました。

微妙


2016年の牡蠣 計
生 4コ
焼 1コ